整形外科、形成外科、リハビリテーション科での治療をお考えの方は、
名古屋市天白区の元八事整形外科・形成外科へ

Tel.052-839-0550

〒468-0066 名古屋市天白区元八事1-242

労災指定病院 元八事整形外科・形成外科
午前 / 9:00~12:00 午後 / 16:00~19:00

メニュー

整形外科

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

ニュース&トピックス

診療科目

  • 整形外科
  • 形成外科
  • リハビリテーション
  • 検査

交通事故の場合 どんなことが必要なの? 受診までの手順保険の使用などなど 交通事故による治療について概略をお伝えします。

キッズルーム 託児施設を併設しております。

よくあるご質問

メディア掲載

元八事整形外科・形成外科

〒468-0066
名古屋市天白区元八事1-242

アクセスマップ

【外来受付時間】
午前 / 9:00~12:00
午後 / 16:00~19:00
【休診日】
日曜日・祝日・
水曜日午後・土曜日午後

診察スケジュールはこちら

スタッフブログ

インスタグラム

病院コラム

鍼灸院ファースト

デイケア元八事

HOME > 診療科目 > 整形外科 > 変形性膝関節症

変形性膝関節症

以前は、「立ち上がる時」だけ膝が痛かったけど、最近は正座や階段の昇降が辛い・・・そんな膝の痛みにお悩みの方!変形性膝関節症という病かもしれません。

膝関節の仕組みと変形性膝関節症

この病気は、膝関節を蝶番にたとえるとよくわかります。関節の中には関節軟骨や半月板や靭帯などがありますが、これらはケガや病気などで損傷されるだけでなく、日常的な動作のくり返しでも少しずつですが傷を生じます。ひどくなると軟骨はすり減って関節が変形していたんだ蝶番のようになります。錆び付いたり変形した蝶番ではドアの開閉がしにくくなるように、膝を曲げたり伸ばしたりする動作がスムーズにできなくなります。これが変形性膝関節症です。

症状

初期では歩きはじめや下り坂の歩行で膝に痛みを感じたり、少し水が溜まったりします。
これらの症状は一時的には良くなりますが、何度かくり返して生じているうちに徐々に悪化していきます。
多くの人の場合は膝の内側に痛みを感じて、進行すると内側の軟骨が消失して脚(あし)はO脚に変形し、正座や膝をまっすぐに伸ばすことができなくなります。

治療

痛みをやわらげる方法として、ホットパックやレーザーなどの理学療法、痛み止めや湿布などの投薬、そして膝関節への注射などがあります。
膝を安定させるためのサポーターやインソール(足底板)などの装具を用いた治療法もあります。
また、痛みや変形が強い場合は手術を行うこともあります。