整形外科、形成外科、リハビリテーション科での治療をお考えの方は、
名古屋市天白区の元八事整形外科・形成外科へ

Tel.052-839-0550

〒468-0066 名古屋市天白区元八事1-242

労災指定病院 元八事整形外科・形成外科
午前 / 9:00~12:00 午後 / 16:00~19:00

メニュー

整形外科

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

ニュース&トピックス

診療科目

  • 整形外科
  • 形成外科
  • リハビリテーション
  • 検査

交通事故の場合 どんなことが必要なの? 受診までの手順保険の使用などなど 交通事故による治療について概略をお伝えします。

キッズルーム 託児施設を併設しております。

よくあるご質問

メディア掲載

元八事整形外科・形成外科

〒468-0066
名古屋市天白区元八事1-242

アクセスマップ

【外来受付時間】
午前 / 9:00~12:00
午後 / 16:00~19:00
【休診日】
日曜日・祝日・
水曜日午後・土曜日午後

診察スケジュールはこちら

スタッフブログ

インスタグラム

病院コラム

鍼灸院ファースト

デイケア元八事

HOME > 診療科目 > 整形外科 > 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、青壮年者に起こる、代表的な腰痛です。

 

症状

腰や臀部が痛み、足に力が入りにくくなるなどします。

 

悪い姿勢での動作・作業、喫煙などがヘルニアを起こりやすくするということが知られています。

 

原因

背骨をつなぎ、クッションの役目をしている椎間板からヘルニア塊が出てきて、馬尾(神経)や神経根を圧迫して症状が出ます。

 

診断

膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経痛の出現を見たり知覚障害の範囲・筋力低下の部位を調べることでどの部位に椎間板ヘルニアが起こっているか診断します。さらに、X線(レントゲン)検査・MRIなどで検査を行い診断を確定します。

 

治療

痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけて生活したりします。また、消炎鎮痛剤の内服・座薬・神経の周りに痛みや炎症を抑える薬や注射などを行い、痛みを和らげます。痛みが軽くなれば、牽引療法・運動療法・温熱療法を行います。

これらの方法でよくならない場合・排尿障害・下肢の脱力がある場合は手術をお勧めします。