整形外科、形成外科、リハビリテーション科での治療をお考えの方は、
名古屋市天白区の元八事整形外科・形成外科へ

Tel.052-839-0550

〒468-0066 名古屋市天白区元八事1-242

労災指定病院 元八事整形外科・形成外科
午前 / 9:00~12:00 午後 / 16:00~19:00

メニュー

整形外科

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

ニュース&トピックス

診療科目

  • 整形外科
  • 形成外科
  • リハビリテーション
  • 検査

交通事故の場合 どんなことが必要なの? 受診までの手順保険の使用などなど 交通事故による治療について概略をお伝えします。

キッズルーム 託児施設を併設しております。

よくあるご質問

メディア掲載

元八事整形外科・形成外科

〒468-0066
名古屋市天白区元八事1-242

アクセスマップ

【外来受付時間】
午前 / 9:00~12:00
午後 / 16:00~19:00
【休診日】
日曜日・祝日・
水曜日午後・土曜日午後

診察スケジュールはこちら

スタッフブログ

インスタグラム

病院コラム

鍼灸院ファースト

デイケア元八事

HOME > 診療科目 > 整形外科 > 腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症

 

症状

 

主な症状は、腰痛・下肢痛・下肢のしびれです。脊柱管狭窄症と同じように腰痛や間欠性跛行を起こす場合もあります。

立ったり・動いたり・長時間歩いたりすることによって、腰痛・下肢痛・しびれが増強するのが特徴です。

 

 

原因

腰椎後部の椎間関節と呼ばれる背骨の関節が壊れてしまったり、椎間板の異常などによって骨がずれてしまうことにより生じます。

 

診断

腰椎の"ずれ"については一般的に、体の正面と側面のX線(レントゲン)検査で診断します。
腰椎を前後に曲げた状態(前屈位)での撮影で、よりはっきり診断がつきます。

また、MRIによって圧迫されている部位や圧迫の度合いがわかります。

 

治療

すべり症は悪性の病気ではないので、多くの場合、安静・薬剤の治療(内服薬の投与)・コルセットなどで良くなります。しかし、そのまま回復せず、痛みが出るなどの症状を繰り返す場合、理学療法・電気・マッサージなどの治療が行われます。