整形外科、形成外科、リハビリテーション科での治療をお考えの方は、
名古屋市天白区の元八事整形外科・形成外科へ

Tel.052-839-0550

〒468-0066 名古屋市天白区元八事1-242

労災指定病院 元八事整形外科・形成外科
午前 / 9:00~12:00 午後 / 16:00~19:00

メニュー

整形外科

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

ニュース&トピックス

診療科目

  • 整形外科
  • 形成外科
  • リハビリテーション
  • 検査

交通事故の場合 どんなことが必要なの? 受診までの手順保険の使用などなど 交通事故による治療について概略をお伝えします。

キッズルーム 託児施設を併設しております。

よくあるご質問

メディア掲載

元八事整形外科・形成外科

〒468-0066
名古屋市天白区元八事1-242

アクセスマップ

【外来受付時間】
午前 / 9:00~12:00
午後 / 16:00~19:00
【休診日】
日曜日・祝日・
水曜日午後・土曜日午後

診察スケジュールはこちら

スタッフブログ

インスタグラム

病院コラム

鍼灸院ファースト

デイケア元八事

HOME > 診療科目 > 整形外科 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

歩いているとだんだん足に痺れや痛みが出てくる・・・・・・私ももう歳かな?あなたは身体の変化を〝歳〟のせいにしていませんか?あなたのその痛みの原因は、脊柱管狭窄症という病かもしれません。

脊柱管狭窄症

この病気の特徴は、歩行などの運動機能に弊害が出ながらも休憩をとる事ですぐに症状が緩和される為、病と認知されにくいという事です。
その為、脊柱管狭窄症の方は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)をしてしまいます。
さらに、進行具合によっては「肛門周囲のほてり」や「尿トラブル」などの症状も出てきます。

脊柱管狭窄症は〝加齢や労働で変形した骨により神経が圧迫される〟事によって引き起こされます。
その為「背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり」痛みや痺れを感じます。

診断

脊柱管狭窄症はレントゲン写真である程度は推測できます。しかし、より詳しい症状の具合を診断するためにはMRIによる精密な検査が必要となってきます。
又、症状の状態によっては「動脈の詰まりによる血行障害と似たような症状」にもなる為、原因を正確に調べることが大切になってきます。

MRIによる検査画像

正常な脊椎

脊椎管狭窄症

予防・治療

予防策としては、日常生活で姿勢を正しく保つ事が大切です。
又、発症後の治療としてはリハビリなどの治療やコルセット等の補助具の使用によって日常生活に支障が無いレベルまで機能回復をいたします。
しかし、日常生活に支障をきたす場合は外科手術を行うこともあります。

より詳しい情報についてはこちらをご参照ください。